grobal navigation button
事業内容 - OURSERVICE
事業内容 - OURSERVICE

海外事業 海外事業

中国をはじめとしたアジア諸国、さらには世界的な事業展開を果たすために、ECサイトの出店から運用コンサルティング、広告展開、さらには物流フローの構築や通訳サービスまで、トータルにサポート。また、スマホアプリへの広告出稿やニュースリリースの配信、イベントの打ち出しなど、オンラインとオフラインを絡めた多種多様なプロモーションチャネルを組み合わせることで、最適なスキームを提案し、日本企業のさまざまな商品を中国のターゲットへとアプローチさせます。

ただ売るだけではない、ワンストップサービス

2015年の調査では、中国におけるBtoCのEC市場規模は67億ドルを超える数字が報告されており、これは日本の7.5倍にも及びます。また中国からの越境ECで日本の商品が購入される額は、同じく2015年の調査で約8,000億円となり、2019年には2兆円を超えると予想されております。
弊社ではこの巨大な市場に早くから目をつけ、中国での事業展開の準備を着々と進めてきました。すでに、自社で開発したアプリケーションを活用することで、24万人の子育て世代の富裕層が顧客として確保されていて、日本製品の購買意欲が高いターゲットに向けたクローズドキャンペーンの実施なども可能となっております。
また、自社の商品で培ったノウハウをもとに、ECサイトの出店や運用のコンサルティング、物流フローの構築までをワンストップで請け負うことができる点が評価され、数多くの日本企業に選ばれてきました。

現地の企業との協働で効果を高めます

2017年には、中国への進出と販路拡大を狙う日本企業や、すでに中国展開を果たしている企業に向けた商品のPRや越境ECのサポートを行うために、JCROP(JFrontier CRossborder OtoO Promotion)をスタートしました。
このプロジェクトを円滑に進行させるために、平均年収が約3,000万円と中国でも屈指の富裕層である父兄を約24万人も抱える『センディー幼稚園』と、5,000万人以上にも及ぶ顧客を有する中国最大手銀行である『招商銀行』と業務提携を敢行。この圧倒的な数を誇る固定客に向けた商品PRや、直接的なサンプリングなどを行うことで、中国市場に向けたより効果的なセールスプロモーションが可能となりました。
また、それらの提携企業と共同開発を行ったスマートフォンアプリ『BeeHome』や、決済システム『センディーワレット』などのソフトウェア開発にも従事。『BeeHome』はセンディー幼稚園のお知らせが配信されるため、24万人の父兄が毎日確認する仕組みが完成しており、そこでの広告効果は絶大のものとなっております。

アウトバウンドでの販売経路を確保

国内におけるインバウンド需要が高まりゆく中で、日本を訪れた観光客が自国に帰った後でも、日本の商品が手軽に購入できるよう、現地店舗への商品共有を実施。香港に本拠を置き、アジアNo.1ドラッグストアと呼ばれる『ワトソンズ』や、同じく香港を代表するコスメチェーン店として知られる『マニングス』といった大型チェーン店に、日本の商品を流通させています。
また、マカオにある総合大学『マカオ科技大学』の構内にある店舗のプロデュースを担当するなど、実店舗の運営にも参画。商品の供給や輸出にかかわる諸業務、什器の調達、さらに店頭オペレーションまでをトータルでサポートしております。

中国パートナー企業

インフルエンサーを活用したプロモーション戦略

中国をはじめ、香港やマカオ、台湾などのアジア諸国において、それぞれの国のインフルエンサーを活用した商品PRをワンストップで敢行。企画、提案、施行までを一括で担当し、より高い広告効果を生み出しております。
また若者のトレンドをつくり出したり、メディアを賑わせる旬のトピックスを発信するSNSやスマホアプリが国ごとに存在するので、その中で強い影響力を持った人気タレントや読者モデルを調査、選定し、広告での起用に向けたコネクションを独自のルートから創出。リアルやネット上で話題になる仕掛けづくりに取り組み、アジア諸国においてより大きな効果が見込める商品PRに努めます。

JCROP JCROP