ソフトウェア開発についてソフトウェア開発について

ソフトウェア開発について

日本企業様の中国展開を支える3つのソフトウェア開発

BeeCellカスタマイズサービス

  • ①SNS機能でお客様へダイレクトアプローチ 
    より身近に、よりスマートに企業PR 
    BeeCellカスタマイズサービス
  • 中国市場に興味はあるもの、言葉の問題やレギュレーションの問題と同様に、多額の予算を投入しなければならない顧客向けサービスのシステム構築や
    会員集客のプロモーション費用の予算確保などが難しく中国展開がなかなか思うように進めれない企業様が多いのではないでしょうか。

    BeeHomeアプリには、幼稚園父兄の方や招商銀行の会員向けに各企業様のBeeCellと呼ばれる情報ページが存在し、
    BeeCellを通じて中国のお客様に対して最新ニュースやお勧め商品のご紹介、会員に向けての アンケート調査、
    越境ECページや中国国内通販ページなどのオンラインページと連動したサービス提供などが可能です。

    独自にアプリケーションを開発するよりもコストが安く、開発時間も短いこと、またBeeHomeを利用する24万人のユーザーがいるため、集客の手間やコストが要らないことがメリットです。

  • BeeHomeアプリの詳細はこちら

低コストで速い高品質ソフトウェア開発 快速開発フレームワーク

  • ②低コストで速い高品質ソフトウェア開発 
    「快速開発フレームワーク」
  • 快速開発フレームワークとは、開発期間が短く、低コストでで高品質なソフトウェアを開発するために開発したフレームワークです。
    経営管理ERPシステム(COS)と、センディーが独自開発した決済システム「センディーウォレット」を用いることで、
    企業様の中国での顧客管理・財務管理・その他様々な内部管理を可能にします。

    更に図の右側にある「顧客用APP」を通じて、企業様はユーザーへニュース配信や新商品の情報など、様々なサービスを提供することが出来る
    「内部管理」と「外部プロモーション」が一元管理出来るシステムです。

センディーが開発した独自決済システム 世界初「センディーウォレット」とは

  • センディーが開発した独自決済システム 
    世界初「センディーウォレット」とは
  • センディーウォレットは中国国内での決済をよりスムーズに行うためにセンディーが開発した独自の決済システムです。
    「支払い・決算・理財一体化」を可能にした中国で唯一の決済システムであり、中国の最大手銀行である招商銀行と提携しているため安心安全な運営が出来るほか、
    手数料がなく銀行のサービスとも連携出来るなどの特徴があります。

    センディーが開発した決済システムのため、上記の「快速開発フレームワーク」とも非常に連携しやすい性質を持ち、厄介な中国国内での財務管理の負担を大幅に軽減してくれます。

より独自性のあるアプリケーション開発 ソフトウェア開発アウトソーシング・サービス

  • ③より独自性のあるアプリケーション開発 
    ソフトウェア開発アウトソーシング・サービス
  • センディーが所属するCrisenグループではITサービス領域の経験が10年以上あり、BeeCellカスタマイズや快速開発フレームワーク以外にも柔軟なソフトウェア開発が可能です。
    制作実績では野村総合研究所様やIBM様、中国で最大規模の石油会社である中国石油化工様など、大手企業様のソフトウェア開発を行って参りました。

    お客様の状況や開発する要件によって制作内容は様々ですが、ソフトウェア開発アウトソーシング・サービスでは様々な言語やデータベースでのソフトウェア開発を行うことが出来ます。
    野村総合研究所様,IBM様,中国石油化工様